トップ  >  チャレンジ一覧  >  冷房のいらない避暑地へ旅しよう  >  なおともだいさんのチャレンジ

みんなの最新チャレンジ

チャレンジ詳細

過去のチャレンジテーマ

獲得ポイント 0 point

冷房冷房のいらない避暑地へ旅しよう

夏場の都市部は屋内は冷房でひんやりしていても、屋外はエアコン出した暖かい空気と、コンクリートやアスファルトで覆われた路面や外壁が高温となり、暑さが倍増します。


公共の場でも冷房の使用が控えられ、おうちに帰っても冷房の使用を控えようと努力されていると、熱中症の危険性も増しますし、精神上も抑圧されてリラックスできないでしょう。

そこで、冷房のいらない避暑地へ旅してみましょう。

日本は狭い国土ですが、神様がうまく造ってくださったのか、夏場でも冷房を必要としない地域があります。北の国や高地です。

例えば2010年の8月の最高気温を比較すると、東京の気温が36℃だったとき、北海道なら26℃、那須で28℃、信州は28℃、富士山は14℃、阿蘇で27℃でした。

他にも日本には隠れた避暑地もたくさんあるでしょう。

エアコンの温度を28℃に設定して耐え忍ぶより、ちょっと足を伸ばすだけで、エアコンの設定温度からも、節電に気を配ることからも開放された場所があります。

さらに、自然豊かな避暑地では心身のリフレッシュもはかれますし、植物や小動物とも触れ合うこともできます。

この夏は冷房のいらない避暑地を旅してみましょう。

成功条件

冷房のいらない避暑地を探してみましょう。

実際に避暑地を旅して、気持ちのよい空間を堪能しましょう。

どこにでかけたか、実際に気温はどのくらいだったかなど体験を投稿して、皆さんと共有しましょう。

最低実行期間(※)

1日
※最低実行期間とは、チャレンジを表明してから成功や失敗を報告するまでの最低期間です。時間を必要とする課題には最低実行期間が設定されています。

受付期間

2013年07月17日~2013年10月31日

チャレンジ期間

2013年07月17日~2013年10月31日

  • チャレンジID 262

3人チャレンジ表明 1人が成功しています

チャレンジ開始

なおともだい

なおともだい 2013年08月16日 21:51 

今年も帰省します。

CO2排出量

みんなの
月間平均CO2排出量

0kg

みんなの
前年月間平均CO2排出量

0kg