トップ  >  チャレンジ一覧  >  加湿機の消費電力を調べてみよう  >  etomoさんのチャレンジ

みんなの最新チャレンジ

チャレンジ詳細

過去のチャレンジテーマ

獲得ポイント 0 point

調湿加湿機の消費電力を調べてみよう

冬は乾燥の季節。空気の乾燥から、のどやお肌を守ったり、風邪を予防するためにも加湿機で空調をコントロールされている方も多いでしょう。

加湿機には、加熱式(スチーム式)、超音波式、そして気化式という大きく3つのタイプがあり、これらのハイブリッド式もあります。


それぞれに特徴があるので、利用用途や予算に合わせて選ばれていると思いますが、エアコンなどの空調と同じく長時間利用する家電なので、電気代(消費電力)の観点でも注意が必要です。


タイプ別の消費電力は以下のようになります。(2012年11月時点)
加湿器消費電力比較

加湿機の種類によって、消費電力は5ワットから1000ワットと大きな違いがあるのです。

現在大手家電メーカーは消費電力が小さく、結露にならないやさしい加湿の気化式が主流になりつつあるようですが、年式の古い加熱(スチーム)式の加湿機は要注意ですね。


また、加湿するお部屋の広さによって加湿量を選ぶ必要があります。必要以上に大容量だと消費電力量が多すぎますので注意が必要です。


現在使っている加湿機のタイプや消費電力を調べてみましょう。

成功条件

加湿機のカタログなどから消費電力を調べてみましょう。

電力測定器をお持ちの方は実際の消費電力や消費電力量を測ってみましょう。

設定やお部屋の湿度で消費電力がどう変わるのか調べてみましょう。

あまりにも消費電力が多いようであれば、気化式など省エネタイプに買い替えることを考えてみましょう。

最低実行期間(※)

1日
※最低実行期間とは、チャレンジを表明してから成功や失敗を報告するまでの最低期間です。時間を必要とする課題には最低実行期間が設定されています。

受付期間

2012年11月28日~2014年12月30日

チャレンジ期間

2012年11月28日~2014年12月31日

  • チャレンジID 232

8人チャレンジ表明 5人が成功しています

チャレンジ開始

etomo

etomo 2013年05月09日 13:27 

現在、加湿器は所有していませんが、以前使用していた加湿器の取説が有ってので次回チャレンジ報告します

CO2排出量

みんなの
月間平均CO2排出量

0kg

みんなの
前年月間平均CO2排出量

0kg