トップ  >  チャレンジ一覧  >  太陽光発電の発電量を高めよう  >  さるるさんのチャレンジ

みんなの最新チャレンジ

チャレンジ詳細

過去のチャレンジテーマ

獲得ポイント 0 point

自然エネルギー太陽光発電の発電量を高めよう

ご自宅に太陽光発電パネルを設置された方は、自分で使うだけでなく、買取制度のおかげで、電力会社という顧客に発電した電力を販売する【発電所の所長】でもあり、【発電事業者の社長】になったともいえますね。

ちなみに、発電収入から経費を除いた利益が一定額以上になると所得税の納税対象となるそうです。


発電所の所長であれば、初期投資を回収し、利益を高めるために、製品となる発電量を増やすことを目標としなければなりません。

ご自宅の太陽光発電所の場合にはまずはご家庭で消費する電力を減らすことで、販売量を増やすことができますが、それと同時に考えなければいけないのはそもそもの発電量でしょう。

太陽光パネルの発電量は、パネル自身の発電効率、日射量、日射時間、故障率に影響されます。


パネル自身の発電効率は製品仕様の部分もありますが、例えばパネル温度によっても数十%の影響をうけます。気温が高いと発電効率は落ちてしまいます。発電効率を高めるためにパネルに散水したり、地面(屋根)からの照り返しを防ぐようにシートなどを敷くという方法が考えられます。

日射量を高めるためには木や建物の影が入らないようにしたり、反射シートを敷いてパネルにあたる光を増やすことが考えられます。

他にもパネルの上面に光が当たらない朝夕の光を取り込んで日射時間を増やしたり、発電量が急激に低下していないか故障をチェックする必要もあるでしょう。


太陽光発電設備をお持ちの方は発電量を高める工夫に挑戦してみましょう。

成功条件

太陽光発電設備をお持ちの方が対象です。

太陽光発電のモニターや売電量などをチェックして、発電量が月々どのように遷移しているのか調べてみましょう。

太陽光発電の売電量を増やすためにどのような工夫があるか考えてみましょう。

発電量を増やす工夫をされた方は体験談を投稿してみなさんと共有しましょう。

最低実行期間(※)

1日
※最低実行期間とは、チャレンジを表明してから成功や失敗を報告するまでの最低期間です。時間を必要とする課題には最低実行期間が設定されています。

受付期間

2012年11月14日~2014年12月30日

チャレンジ期間

2012年11月14日~2014年12月31日

  • チャレンジID 230

5人チャレンジ表明 3人が成功しています

チャレンジ開始

さるる

さるる 2012年12月14日 13:35 

違いが出るなんて知りませんでした。

CO2排出量

みんなの
月間平均CO2排出量

0kg

みんなの
前年月間平均CO2排出量

0kg