トップ  >  チャレンジ一覧  >  クールシェアスポットに出かけよう  >  みっほーさんのチャレンジ

みんなの最新チャレンジ

チャレンジ詳細

過去のチャレンジテーマ

獲得ポイント 0 point

冷房クールシェアスポットに出かけよう

「クールシェア」とは暑い夏を快適に節電しながら乗り切るため、環境省が推進する新しい試み。

暑い夏場の昼間に、みんながそれぞれの部屋にこもってエアコンをつけると地域全体の電力を一度に消費するため、発電網に負荷をかけ、無駄が生まれます。

ご家庭では、部屋ごとに涼むのではなく、一つの部屋は快適に涼しい状況にしてみんなで集まれば、節電になります。。

外に出れば、森の木陰や水辺などの自然の涼みスポットがあり、また図書館や地域の公共施設や、カフェやレストランといった商業施設など、適度な冷房が保たれている涼みスポットがあります。このようなところで涼んでもみんなで涼しさを分かち合うことになるので節電になります。

このようにみんなで涼しさを分け合うことを「クールシェア」と呼び、街や都市の中の「クールシェアスポット」が広がりつつあります。

この夏は新しい活動として「クールシェアスポット」を探して、でかけてみましょう。

成功条件

各地のクールシェアスポットを探してみましょう。

クールシェアスポットの中には来場特典が提供されているところもあるようです。そのような情報も共有してください。

クールシェアスポットの体験談を投稿して皆さんと共有しましょう。

最低実行期間(※)

1日
※最低実行期間とは、チャレンジを表明してから成功や失敗を報告するまでの最低期間です。時間を必要とする課題には最低実行期間が設定されています。

受付期間

2012年07月25日~2012年09月30日

チャレンジ期間

2012年07月25日~2012年09月30日

  • チャレンジID 214

14人チャレンジ表明 10人が成功しています

チャレンジ開始

みっほー

みっほー 2012年08月24日 20:57 

部屋で自分ひとりのためにエアコンをつけるのは気が引けるというか、もったいないような気がしてました。

チャレンジ成功

みっほー

みっほー 2012年08月29日 22:58 

クールシェアというか、暑い昼間は仕事でエアコンの効いたお店にいます。結果、うちでほとんどエアコンをつけることがありません。も度もが運動部なので、帰ってきたとき熱中症っぽくなっているときはつけます。寝るときは今まで10年間で数回しかつけたことないし。

CO2排出量

みんなの
月間平均CO2排出量

0kg

みんなの
前年月間平均CO2排出量

0kg