トップ  >  チャレンジ一覧  >  衣類乾燥機能をやめてみよう  >  etomoさんのチャレンジ

みんなの最新チャレンジ

チャレンジ詳細

過去のチャレンジテーマ

獲得ポイント 0 point

洗濯衣類乾燥機能をやめてみよう

湿気の多い、曇天や雨天の日の洗濯は憂鬱。

雨の日だけでなく、日中忙しい一人暮らしや共働きの家族では、洗濯して、干して、屋内に取り込むという作業の時間が無かったり、タイミングが合わないこともあるでしょう。

このような生活にとって「全自動洗濯乾燥機」は非常に便利な存在です。

洗濯機に衣類を放り込んでおくだけで終わりますので大変便利です。


ただ非常に便利な存在なのですが、この乾燥機能は大変電気を消費する機能なのです。


1回の洗濯で消費する電力はおおよそ100Wh(電気代換算で2円程度)なのですが、乾燥機能を使うと2,000Wh(50円弱)となり、20倍くらいにもなります。


2011年には各メーカーからヒートポンプなどの技術を取り入れ、乾燥時の消費電力を下げる工夫が施されていますが、それでも6kg洗濯乾燥機の場合、洗濯時のみなら75Wh、洗濯乾燥時で700Wh程度となっており、乾燥時の消費電力はまだまだ大きいものです。(もちろん最新式に交換するだけでも大きな節電効果です)

そこで衣類乾燥機を使わない、もしくは使う回数を減らすようにしてみましょう。

成功条件

衣類乾燥機を今まで頻繁に使っていたなら、乾燥機能を使わないようにしてみましょう。

古い衣類乾燥機を使っていたなら、最新の消費電力の少ない衣類乾燥機に買い換えて、電気代や消費電力量の違いを比べてみましょう。

すぐ乾くような衣類だけは自然乾燥にするなど、衣類乾燥の回数を減らすよう工夫してみましょう。

衣類乾燥機を使わず、しかし便利に乾燥させる方法がないか調べてみましょう。

衣類乾燥機を使わない工夫を投稿してください。

最低実行期間(※)

1日
※最低実行期間とは、チャレンジを表明してから成功や失敗を報告するまでの最低期間です。時間を必要とする課題には最低実行期間が設定されています。

受付期間

2011年11月09日~2014年12月30日

チャレンジ期間

2011年11月09日~2014年12月31日

  • チャレンジID 179

23人チャレンジ表明 18人が成功しています

チャレンジ開始

etomo

etomo 2012年06月19日 07:32 

効率よく家事を済ませるには少しの工夫が必要ですね、チャレンジしてみます。

チャレンジ成功

etomo

etomo 2013年05月09日 05:14 

①衣類を購入するときに乾きやすい素材の衣料を買うように心がける様にしました
②厚手で乾燥ししづらい物は乾いたバスタオルと一緒に脱水することによって乾燥時間を半減させてます。
これで浴室乾燥機は天気の悪い時と冬季間以外使うことはなくなりました

CO2排出量

みんなの
月間平均CO2排出量

0kg

みんなの
前年月間平均CO2排出量

0kg