トップ  >  チャレンジ一覧  >  魔法瓶を活用しよう  >  ろっこさんのチャレンジ

みんなの最新チャレンジ

チャレンジ詳細

過去のチャレンジテーマ

獲得ポイント 0 point

炊事魔法瓶を活用しよう

「お湯を沸かしたら、使う量以上に沸かしてしまった。」

「お茶を飲むためにお湯を沸かしたが、御かわりのときにはすでにヤカンのお湯は冷めてしまっていたので、もう一度沸かしなおした。」

「家族の食事時間がばらばらなので、炊飯器の保温モードを数時間使っている。」

こういうのって無駄で、もったいないですね。

もちろん必要なときに必要な量だけ沸かすほうが効率がいいのですが、なかなか難しいものです。

そこで効果を発揮するのが「魔法瓶」。

魔法瓶は2重層構造で中が真空になっているので、非常に断熱効果が高く、温かいお湯や冷たい水を長時間保温することができます。

最新式なら100℃のお湯が10時間後でも75℃程度まで保温できます。

魔法瓶というとアウトドアのイメージがあるかもしれませんが、こんなお手軽な保温機能を普段から使わない手はありません。


そこで、魔法瓶を活用して余ったお湯や冷水を有効活用してみましょう。

成功条件

魔法瓶を活用して余ったお湯を保温してみましょう。

保温したお湯をどのように有効活用できるか考えてみましょう。

お湯やお茶、コーヒーなど飲み物だけでなく、保温鍋や保温炊飯器も販売されています。こういった保温器を使うこともチャレンジしてみましょう。

具体的にどのように魔法瓶を使っているのか投稿して皆さんと共有しましょう。

最低実行期間(※)

1日
※最低実行期間とは、チャレンジを表明してから成功や失敗を報告するまでの最低期間です。時間を必要とする課題には最低実行期間が設定されています。

受付期間

2010年11月17日~2015年03月30日

チャレンジ期間

2010年11月17日~2015年03月31日

  • チャレンジID 130

44人チャレンジ表明 38人が成功しています

10時間保温・卓上ステンレスポット
朝煎れるお茶はほんの少しだけでいいのに、ヤカンを火にかけるのが面倒…。そこで、この卓上ポットを使いはじめたら慌ただしい朝がグッとラクになりました。夜沸かしたお湯の残りをこのポットに入れておけば、電源なしでも翌朝に温かいお茶が飲めるんです。倒れてもこぼれない安全設計で、魔法瓶のように割れないので卓上においても安心して使えます。お湯を沸かす回数も減り、電気代だけでなく燃料費も節約できました。
【タイガー魔法瓶】保温鍋
5.2L (ステンレス) 保温調理鍋 【まほうなべ】一度沸騰させて保温容器に入れるだけ。じっくり煮込んでくれる「まほうびんのお鍋」
チャレンジ開始

ろっこ

ろっこ 2015年03月21日 00:44 

魔法瓶活用しています!

CO2排出量

みんなの
月間平均CO2排出量

0kg

みんなの
前年月間平均CO2排出量

0kg